うつ病の予防|非常に怖い心の病|うつ病の原因と症状と対策方法

非常に怖い心の病|うつ病の原因と症状と対策方法

女性

うつ病の予防

カウンセリング

うつ病は、常日頃のほんの少し気をつけるだけで予防することが可能です。例えば、ストレッチをしたり、日光を浴びたり、しっかり睡眠をとることで鬱になるリスクは大幅に下がると言われています。これらは全て行ったとしても、一日における時間の中ではほんの一部です。しかし、鬱になった場合は治るのに年単位の治療が必要になります。よって、うつ病の予防を考えているのであればぜひ行っておきましょう。
まず、日光浴について説明しましょう。日光浴は、うつ病予防の中でも特にお手軽かつポピュラーな予防方法といわれています。人には、セロトニンと呼ばれる物質が分泌されており、セロトニンがあるからこそ神経の情報伝達が行われています。しかし、うつ病になるとそのセロトニンの量が減ってしまい、それが原因でうつ病になってしまうこともあります。日光を浴びることにより、体内のセロトニンの分泌が正常化され、うつ病予防あるいは鬱の治療につながるとされています。また、ストレッチもセロトニン分泌に効果的だとされています。首周りのストレッチによってセロトニンが分泌されやすくなります。また、適度なストレッチをすることで体はリラックス効果を得ることができる他、就寝前のストレッチは快眠効果を得ることができます。
そして、快眠もまたうつ病予防に効果的といわれています。睡眠不足はうつ病のリスクがあがるというのは研究によって判明しています。逆に言えば、睡眠さえしっかりとっていればうつ病のリスクを減らせるということであり、普段から質の良い睡眠をたくさんとっておくことでうつ病の原因になるストレスの大幅削減が見込めます。また、質の良い睡眠をとることで、脳の老廃物が除去されるためアルツハイマーになるリスクも大幅に減らせることができると研究で判明しています。このように、睡眠、日光浴、ストレッチはうつ病予防に効果的であり、普段からきちんと行うことにより、心身ともに健康体として日常を過ごすことができます。