うつ病のケア|非常に怖い心の病|うつ病の原因と症状と対策方法

非常に怖い心の病|うつ病の原因と症状と対策方法

女性

うつ病のケア

男性

うつ病は、年単位で治療していく病気です。ごく初期症状ならばもう少し早い段階で治療することもできるかもしれませんが、それでもやはり治すのには時間がかかります。また、誤った治療方法を行うとかえって悪化してしまうため、治療方法はきちんと正しい方法を知っておかなければなりません。よって、ここでは正しい治療方法と間違った治療方法を紹介していきましょう。
まずは正しい治療方法です。基本的な治療法としては心療内科に行き、カウンセリングなどの治療を一日でも早い段階で行うことです。以前は薬物をメインにした治療を行っていたのですが、薬物による治療は副作用も多いため、カウンセリングが現在の主体となっています。話を聞き、納得することで患者と信頼関係を築き、最初のうちは無気力で話すことがほとんどなくても、次第に多くのことを話してくれるようになります。カウンセリングを行う上での注意点はカウンセラーの能力によって左右されるため、できるだけ良い心療内科を選びましょう。他にも、磁気による刺激で脳に刺激を与えることで脳の血液量を増やし、うつ病を緩和させていきます。これらはすべて心療内科で行えることですが、時期治療は病院によって行っているところとそうでないところがあります。
次に、やってはいけないことについて説明しましょう。やってはいけないことで一番有名なのが「頑張れ」とアドバイスをすることです。頑張れという言葉は本来はポジティブな応援になるはずなのですが、うつ病患者にとっては自己の否定へと感じてしまう言葉です。そのため、うつ病患者に頑張れというアドバイスは禁句とされています。他にも、否定をするのも同様に余計にネガティブにさせてしまう言葉です。よって、否定はなるべくしないようにしましょう。